葬儀では乾杯ではなく〇杯

宴会などを始める合図として、皆で一緒に酒杯を掲げたり触れ合わせたりする『乾杯』
現代でよくみられる『乾杯』の儀礼は西洋の文化の影響が色濃く、一般に普及したのは明治以降だとか。
乾杯は主に祝宴・慶事の席で行われ、お葬式では『献杯(けんぱい)』となります。
基本的な流れは同じですが、掛け声が乾杯ではなく「献杯」となり、杯を打ち鳴らさないとう点が違います。
ただ、なかなか馴染みがないので「乾杯」とおっしゃっる方、グラスをカチンと触れ合わせる方をお見掛けすることもよくあります。
気にされる方が多いようであれば、事前にこのような作法を一言説明させていただくこともあります🍀
なお、献杯は故人様へ行うものとされていることから、亡くなった方はすぐに仏様になっていると考える浄土真宗ではあえて行わないのが一般的です。
お葬式の会食の場。
少しでも心穏やかにゆっくりお過ごしいただけるように、気を配ります🍀

✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼

興味を持ってくださった方は、ビンクで働いてみませんか?
スタッフ募集と就職先をお探しの方へお仕事のご紹介もしています!

↓↓お問い合わせはコチラから↓↓
公式HP:https://www.bink.co.jp/
リクルート専用:https://www.bink.co.jp/recruit/
TEL:03-6272-4640

☑️WEBサイト
▶︎https://www.bink.co.jp

☑️YouTube
▶︎https://www.youtube.com/channel/UCvMVxk0NjOFNU8EGbWZinpQ