沙羅双樹は別にもある?

沙羅双樹といえば…
平家物語の一節、皆さまもきっと耳にしたこのある「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理(ことわり)をあらわす〜」という有名な文にも出てくる樹木の名前。
平家物語に出てくる沙羅双樹(サラソウジュ)は、別名があり【夏椿(ナツツバキ)】のこと。
今がちょうど見頃なのですが、どんな花かご存知でしたか?


お釈迦さまが入滅する際に、傍で満開となり真っ白になったことでも有名な沙羅双樹。
仏教においては沙羅の木は「生命の木」と言われ、若返りや復活を意味する樹なのだとか。
インド原産で高地に分布している樹木ですが、なんとこれは夏椿とは違う木なのです。
沙羅双樹と呼ばれる木は、原産地と日本では、別の種類を指しているのですね。
お釈迦様に縁の深い元々の沙羅の木が、日本には無かったため、沙羅の木と葉が良く似ていて同じ季節に白い花を咲かせる夏椿を、沙羅の木の代わりとして寺院などに植えたこという説や、沙羅の木と思いこんで広めたなどというもあるようです。


この夏椿は、朝に咲いて夕方には花ごと落ちてしまうなんとも儚い花なのです。
諸行無常の象徴でもある夏椿の花を見つけたら、ちょっと足を止めてその儚さを感じたいものですね。
相澤でした🐾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です