お茶出しのマナー

お茶出しのマナーの1つに「茶托と湯呑は別々にお盆の上に置いてお持ちする」というものがあります。

理由は、運んでいるときにお茶を溢して茶托を濡らしてしまわないようにするためです😊
お客様にお出しする前に、お茶が溢れていないか確認して、茶托にセットします。

マナーというと身構えてしまう方もいらっしゃるかも知れませんが、基本的には相手を思い遣る気持ちをカタチにした先人の知恵だと思います🍀
ビンクでは、一つ一つのマナーとその意味を大切にすることで、お客様への想いをカタチにしています✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です