弔い方様変わり 葬儀社「3密」回避へ工夫

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、葬儀の形が様変わりしているということで、今回はそれに関わるニュース記事を取り上げてみました。河北新報ONLINE NEWSの記事をご紹介するとともに、BINKでの新規事業を紹介いたします。

『「3密」を避けるため家族葬が増えているほか、式場に入れない弔問客向けに葬儀の様子をウェブ配信したり、式前の焼香を案内したりといった工夫を重ねる。葬儀の様子をパソコンなどで見られるウェブ配信にも力を入れる。同社は、遠方で参列できない人向けに同様のサービスを提供していたが、同時に受信できるパソコンは6台程度に限られていた。5月からはウェブ用カメラを導入し動画投稿サイト「ユーチューブ」を活用。多くの人が参列者と同時に故人を悼むことが可能になった。』     ※出典:河北新報ONLINE NEWS 5/18

※発信元 https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202005/20200518_13003.html

我々BINKでもご葬儀中継・ライブ動画配信サービスを開始しております。 参列が出来ない場合や限られた方々で号葬儀を行った場合などにおいて場所や時間に関係なく映像を見ることが出来、故人様を偲ぶことが出来ます。さらに、ご遺族様は葬儀の映像を思い出としてお手元に残すことが出来ます。

詳細はBINK TOPICKSのトップ記事、「葬儀に行けなくても 大切な方とのお別れを…」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です